このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年4月新卒入社

金指 佑(かねざし たすく)

土木部
入社3年目。土木施工管理技士(2級)を取得し、現場の施工管理の仕事に奮闘中。
土木部/金指 佑(かねざし たすく)

<土木の仕事の興味を持ち、自分もその仕事にかかわりたい>

僕が高校2年生のときに、東日本大震災が起きたんです。その時、自衛隊やボランティアの方たちが被災地に向かうために、まずは道路を復旧させることが必要で、それを復旧しているのが土木の仕事だと知り、自分もそういう仕事がしたいと思いました。それで大学で土木を専攻したんです。さらに新東名ができたとき、橋を見に行ったんです。近くまで行って見たらすごく大きくて、「こういうものをつくりたい!」と思い、ますます土木の仕事に興味を持ちました。

<一つひとつの仕事の意味が理解できるようになることが嬉しい>

先輩社員の下で、公共工事や民間工事の施工管理(品質・工程・安全・利益など)の経験を積んでいます。発注者の方、下請業者の職人さんとの折衝・調整などで神経を使うことも多いです。日々かかわる仕事で、「何のためにやっているのか?」わからなかったことが作業が進むにつれて「このためにやっていたんだ!」と理解できるようになってきました。一つ一つの仕事の意味がわかるのは、自分に力がついてきたという感じがして嬉しいです。

<建設現場では、自分が会社の顔として見られる場面が多くあります>

建設現場では、経験の長さに関係なく、会社の顔として見られる場面が多くあります。これからも、そうした自覚をもって、仕事に専念し、ステップアップしていきたいと思っています。いつかは新東名に架かる橋みたいな大きなものをつくりたいです。自分がつくった橋や道路を通ったとき「これを自分がつくったんだ!」と自慢できたらいいなぁと思っています。

<仕事の達成感はなんとも言えない喜びです>

井出組は、決して大きな会社ではないので、経験が浅くても責任をもって動かなければならない場面が多くあります。その分、大変な面はありますが、自分がかかわった工事物件が完成した時の達成感をなんとも言えない喜びを味わえます。大変な現場ほど、その喜びはひとしおです。是非、一緒に仕事をしてみませんか。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

施工管理に関連する求人票を見る